何十年も日記を書き連ねている82歳の女性から日記書くように勧められ、三十路突入を機に書いてみることにしました。


by hiro-sabu
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

<   2006年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧

いねかり

f0067590_20525994.jpg

f0067590_215075.jpg

f0067590_20532469.jpg

f0067590_2053424.jpg

雨が降り出す前に刈り終えようと土曜の朝から稲刈開始。
まずはコンバインが方向転回出来るように田んぼの四隅を鎌で刈取り。
刈る瞬間のザクザクッが結構気持ちイイ。

そして、今年は初めてのコンバイン乗車。父から操作を習ってからまずはノロノロと前進。
少々あずりながら方向転回、慣れてきたところでスピードアップ、したまでは良かったが、モミを満タンにし過ぎて強制的にエンジン停止・・・。

稲刈り後に飛んで出てくる虫をねらってコサギが並んで待っていました。
[PR]
by hiro-sabu | 2006-09-30 20:54

現地研修会

f0067590_20575436.jpg

久しぶりのゴルフ場。
快晴で気分は最高。

この非日常的な空間での開放感を十分に味わう事無く、
バンカーあり地獄にハマッて、もがいて、くたびれました。

今日、初めて9番アイアンを使いました。
[PR]
by hiro-sabu | 2006-09-29 20:54

ハート型ぶどう

f0067590_17324643.jpg

その名の通り甘~い”ハニービーナス” ただ今糖度22度!
ハートの果粒発見でいいことありそうな予感~♪
f0067590_1733641.jpg

赤ワインには欠かせないけど、熟期が遅く、栽培し難い品種”カベルネソーヴィニヨン”
順調に色付いてきました。今年は無事に収穫を迎えることができそうです。
[PR]
by hiro-sabu | 2006-09-25 17:35 | ぶどうとワイン

ぶどう大福

f0067590_18285241.jpg

f0067590_1829683.jpg

甲山商店街にある和菓子店『大手門』
K所長がお客さんをおもてなしするときは決まってここのお菓子をつかうと聞いてさっそく♪
店内には季節の花を模った生菓子や果物を使ったデザートがいっぱい。
失礼な話しですが、正直言って世羅町にこんな素敵なお店があるとは!
地元の新鮮果実を使った新作和菓子が楽しみです。

Kさんちの安芸クイーンが入った大福がとても美味しかったので、
お店の方にお願いして持参したマスカットで大福をこしらえていただきました。
爽やかな果汁と白あんがベストマッチ!でとても美味。
[PR]
by hiro-sabu | 2006-09-24 18:29 | ぶどうとワイン
台風接近のため予定を2日早めて17日に世羅産メルローの仕込みが行われました。
台風前のわずかな晴れ間に稲刈り、ぶどう収穫と農家のみなさんは大わらわ。

コンテナに詰まった熟れ熟れのぶどうを機械に放り込むと魚の骨みたいな螺旋の羽が回って軸から粒をはずしてくれます。
やってる方は大変なのだけど、見てる方は結構楽しい。
わずかに2トンばかりなのであっという間に終わってしまったのがちょっと残念。

ワイナリーに来ているお客さんにメルローの試食を勧めるとみんな口を揃えて『すごく甘くて美味しいね~!これ売ってないの?』と評価も上々。
タネがあろうが、少々汚れていようが子供だって上手に食べます。
”生食ぶどうは種ナシ大粒でなきゃダメ”と思っていた私は目からウロコ~(@_@)

ワインの仕込みはシャルドネ、サンセミヨンと続きます♪
f0067590_23161311.jpg
f0067590_2316313.jpg

[PR]
by hiro-sabu | 2006-09-18 23:16 | ぶどうとワイン

微笑みの国 その②

f0067590_22144914.jpg

f0067590_2215417.jpg

2日目は朝から晩までまるまる一日ツアー観光。
スコール上がりの午前8時にマイクロバスに乗ってホテルを出発。
まずはグランドパレス『王宮』、次にチャオプラヤ川を渡船に乗って、ワット・アルン『暁の寺』、そして、ワット・プラ・ケオ『エメラルド寺院』、ワット・ポー『涅槃(ねはん)時』を巡り、金銀カラフルな仏塔の数々に色の感覚が麻痺しそう・・

カラフルと言えば、タイの街も人もタクシーもとにかくド派手!
曜日ごとにカラーが決まっていて、誕生曜日がその人のラッキー色。
現国王ラーマ9世の誕生曜日が黄色、王妃が青色ということで街中に黄色と青色の旗が翻っていてまるで毎日が運動会のよう。
特に今年は王在位60周年なので、街行く人はお揃いの黄色いポロシャツ姿の人・人・人。(もちろん強制ではないので別の派手な服の人もいます)
黄色い世界をずっと見てるとなんだか私までおめでたい気分に♪

午後は免税店などに行った後にアユタヤへ移動。
途中、車窓から見える広大な畑に何が植わっているのか気になりつつ、こんなに飛ばして大丈夫なのか?と不安になりつつアユタヤ到着。
アユタヤに着くとすぐにゾウに乗せてもらうための列に並んで、20分の像上散策。
ゾウの背中に5cm間隔で長さ5cmの毛が生えててびっくり!

夕飯をレストラン(大好きな空心菜炒めもあるある!)で済ませた後はライトアップされたアユタヤ遺跡を観光してホテルへ。

3日目は夜の9時までフリー時間。
BTS(アストラムラインみたいな列車)やタクシー、徒歩で土産屋さんめぐり。
途中、乗ったタクシーの運転手さんが警察官にキップを切られたり(しかも原因が私たちにも有り申し訳なかった・・・)、タクシーの運転手さんが指し示した目的地がわからなかったりのトラブルもあったけどバンコクを満喫。
夜には旅行代理店さんおすすめの『カニカレー』も食べたし、またまた空心菜も食べたし(^^)

どこへ行っても日本人と日本語の看板だらけの旅行だったけど、これもバンコクの文化!?
微笑みの国というだけあって、みんなニコニコ”マイペンライ”精神。
自分の顔が意外とタイ顔なような気がして妙に身近に感じたタイでした。
もっとよく知って、また行きたいなあ。
[PR]
by hiro-sabu | 2006-09-17 21:39

微笑みの国 その①

毎日が気忙しく、更新が滞ってしまいました・・・
心が亡くなると書いて”忙”。心にゆとりがないとだめですね。
f0067590_2033585.jpg

f0067590_2216665.jpg

さてさて、久々の投稿は3泊4日バンコクの旅。

8日から11日まで現地2泊機中1泊でバンコク&アユタヤへ。
広島空港9時40分発バンコクエアウェイズに乗って5時間タイ国際空港に到着。
空港内を右往左往しながら現地添乗員のプリムさんと合流。
今回のツアーは私たち4人と20代の夫婦の計6人。
初日はホテルまで送り届けてもらった後は自由行動。

タイの時間ではまだ昼間なのだけど、日本時間では夕方なのでタイ古式マッサージに予約を入れてから、第1回目の食事はタイスキの店『コカ』へ。
辛~いタレも慣れてくると美味しいもんで魚介や野菜がすすみます。しかし、極甘ジュースと砂糖入りウーロン茶は口に合わず・・・
隣席に居合わせたタイ人女性連れの日本人男性が大声で電話を何編もかけていた。同じ日本人としてほんとに恥ずかしい。あ~今思い出しても腹立つな~。

気分を取り直して、タイ古式マッサージへ。
足でグイグイ踏まれたり、普段伸ばさない部分を押してもらって少々きつかったが気持ち良かった~。
ちなみにお値段1時間で約1000円。
[PR]
by hiro-sabu | 2006-09-16 23:26

おいしい仕事

f0067590_23591917.jpg

[PR]
by hiro-sabu | 2006-09-06 00:02 | ぶどうとワイン

甘~くな~れ

f0067590_22584979.jpg

シャルドネがどんどん黄味がかって輝いて見えます。
つまんで食べてみてもちょっとスッパ味も残るけど美味しい!
他の品種より元々病気に弱く、カビが蔓延しかかったところを園主さんが止めました。
無事に収穫を迎える日までもっと甘くもっと美しくなあれ!
[PR]
by hiro-sabu | 2006-09-03 22:59 | ぶどうとワイン